黒田 イチローの一発で「生き返った」 4失点も7勝

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<ヤンキース・ブルージェイズ>4失点も打線の援護に恵まれ7勝目を挙げた黒田

ア・リーグ ヤンキース6―4ブルージェイズ

(7月25日 ニューヨーク)
 1歳上の先輩への感謝は尽きなかった。ヤンキース・黒田は3回までにバティスタに2打席連続本塁打を浴びるなど4失点。

 思い通りに操れる球種さえなく、「苦しい投球だった」と明かす。ところが、3回にイチローの逆転3ランが飛び出して「あのホームランで本当に自身自身、生き返った。もう一度、自分の体にムチ打って、マウンドに上がれた」と言う。39歳の右腕は体と気持ちを奮い立たせ、4回以降は得点を許さず、6回2死まで投げて7勝目を手にした。

 日本人投手では野茂英雄に次ぐ、メジャー通算200試合目の先発。本調子でない中でも節目の登板で白星をつかみ「大きい勝ち」と素直に喜んだ。田中が右肘じん帯部分断裂で離脱する中、唯一、開幕からローテーションを守っている。白星を先行させたベテランは「まだまだ体の続く限り、目いっぱいやっていきたい」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース