健大高崎 3年ぶり2度目V!3投手でノーヒットノーラン達成

[ 2014年7月27日 13:18 ]

優勝メダルを胸に笑顔の健大高崎ナイン

群馬県大会決勝 健大高崎1―0伊勢崎清明

(7月27日 上毛敷島)
 群馬県大会の決勝は27日、上毛新聞敷島球場で行われ、高崎健康福祉大高崎が1―0で伊勢崎清明を下し、3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 12年春のセンバツで4強入りした健大高崎は、3回に川井の左中間二塁打を足場に築いた2死三塁で星野がバント安打を決め決勝点を挙げた。

 投げては川井、高橋和、松野の3投手の継投でノーヒットノーランを達成。1点を守り抜いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース