JR東日本 雪辱ならず…4年連続決勝進出逃す

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<JX-ENEOS・JR東日本>7回2死一、二塁、渡辺の打球を落球するJR東日本・景山(右)

都市対抗野球第9日・準々決勝 JR東日本3―4JX―ENEOS

(7月26日 東京ドーム)
 JR東日本は昨年まで2年連続決勝で敗れた宿敵に、またしても惜敗。

 2回に東條航の3ランで先制しながらの逆転負けに、堀井哲也監督は「追加点をもぎとる力がなかった。向こうの粘り強い投手陣を捉えきれなかった。監督の責任」と悔やんだ。大黒柱の片山が左肩痛のためベンチを外れる中、先発の2年目左腕・飯田が5回まで無安打投球。だが、7回2死から同点打を許して降板し「3つ目のアウトを取ろうという意識が強すぎた。2死からの四球がダメ」と振り返った。史上2チーム目の4年連続決勝進出の偉業はならなかったが、指揮官は「地道に力を付けていくしかない」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース