開星3年ぶり甲子園 主将・1番の黒田雅が4安打大暴れ

[ 2014年7月27日 05:30 ]

島根大会決勝 開星9―4大社

(7月26日 松江市営)
 開星が打撃戦を制し、3年ぶりの甲子園切符をつかんだ。2―1の5回無死一塁から主将・黒田雅の適時二塁打で追加点を奪うと、打者10人攻撃でこの回5点。投手陣もその後の反撃を3点に抑えた。

 黒田雅は1番打者として4安打3得点。捕手としても恩田、持田の両右腕の元に何度も足を運び鼓舞した。主将になったのは半年前。チーム内の連係がうまくいかないことに危機感を持ち、3年生全員で話し合い、最後は自らが立候補して就任した。今では山内弘和監督も「全て任せています」と信頼を寄せる。1年夏からベンチ入りしている黒田雅は「チームみんなが気持ちを一つに、日本一を目指したい」と高らかに宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース