青木 2安打2打点、適時三塁打でチーム逆転勝ちに貢献

[ 2014年7月27日 11:36 ]

<ロイヤルズ・インディアンス>4回、適時2点三塁打を放ったロイヤルズ・青木(AP)

ア・リーグ ロイヤルズ7―5インディアンス

(7月26日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は26日(日本時間27日)、本拠地でのインディアンス戦に「1番・指名打者」で先発し、4打数2安打2打点だった。

 初回に三振、3回に二塁内野安打、4回に右翼線2点三塁打、6回に遊飛で打率は2割6分2厘となった。チームは2回までに5点をリードされたが集中打で逆転、7―5で勝ち、5連勝を飾った。

 ▼青木の話 何が何でもという気持ちで打席に立った。調子が悪いときでも積極的に打っている。守りたいが、DH(指名打者)をありがたく思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース