富士重工8強 大型2番・小杉「打った瞬間」弾

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<東邦ガス・富士重工>6回無死、富士重工・小杉(左)がソロ本塁打を放ちナインとハイタッチ

都市対抗野球第9日・3回戦 富士重工5―4東邦ガス

(7月26日 東京ドーム)
 長距離砲ならではの打球だった。1―0で迎えた6回。富士重工の2番・小杉はスライダーを捉え、左翼席中段に弾丸ライナーで運んだ。「打った瞬間、いったと思った。狙い通りに変化球を打てて良かった」

 1メートル90、95キロの恵まれた体格。異色の大型2番打者である。今年5月、水久保国一監督が「小杉を2番に置くことで課題の得点力が上がる」と抜てき。同時に「今までと打撃スタイルは変えなくていい」と伝えた。時にはバントのサインも出るが、普段通りの思い切りのいい打撃で、今まで経験がなかった打順にも対応。予選の日立製作所戦でも同点2ランを放って2年ぶりの出場に貢献し、本大会でも貴重な一発を放ち6年ぶりの8強進出に導いた。

 5点リードの9回に1点差まで迫られただけに、その価値は光る。それでも小杉は「その後のチャンスで打てなかった方が悔しい」と満足はしていなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース