原巨人 打順入れ替え5点も西村が誤算 リード守れずまた負け越し

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<中・巨>逆転負けにガックリの原監督(右)

セ・リーグ 巨人5-7中日

(7月26日 ナゴヤD)
 一打同点まで岩瀬を追い詰めた。9回2死二、三塁。しかし、巨人・阿部が空振り三振に倒れ、反撃はついえた。後半戦は2カード連続負け越しとなったが、原監督の声に悲愴(ひそう)感はなかった。

 「打線はそこそこ。兆しは見えているわけだし、あとは絡むという、投打のバランスという部分でしょうね」

 後半戦4試合で5得点の打線を、打順の入れ替えで活性化させた。橋本を今季初めて1番に据え、坂本を6番、村田を8番に降格した。試合前のフリー打撃では2人1組で交互に打つところを、交代せず1人で集中的に打たせ、力強いスイングを確認させた。後半戦最多となる13安打に5得点と一定の成果は出た。

 しかし、6回、1点リードで、なお2死三塁から登板した4番手の西村が誤算。3連続四球で同点とされ、森野に走者一掃の左中間二塁打を浴びた。

 「当然選手も勝負をしているだろうが、結果的にそういうふうに見えない場合は反省すべき。勝ち負けはベンチが責任をとる」と原監督。投打の歯車がかみ合うまで、我慢は続く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース