星稜 奇跡の大逆転!9回裏に8点差ひっくり返し2年連続甲子園出場!

[ 2014年7月27日 15:50 ]

9回裏の大逆転で2年連続の甲子園出場を決め、喜ぶ星陵ナイン

第96回全国高校野球選手権石川大会決勝 星稜9―8小松大谷

(7月27日 石川県立野球場)
 石川県大会では、星稜が9回に8点差をひっくり返し、9―8で小松大谷に逆転サヨナラ勝ちし、2年連続17度目の優勝を果たした。

 5回にようやく初安打が出るなど沈黙と続けていた星稜打線だが、0―8で迎えた9回表、プロ注目の星稜のエース・岩下が三者連続三振を取り流れを変えた。

 その裏、疲れの見えた小松大谷のエース・山下を攻め、今村、村上のタイムリーで2点を返したところで小松大谷は投手交代。だが、攻撃の手を緩めず岩下の場外弾などで8―8とし、最後は2死一、三塁で佐竹が左越えへサヨナラタイムリーを放って試合を決めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年7月27日のニュース