三菱日立パワーシステムズ横浜 佐々木同点弾も空砲

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<三菱日立パワーシステムズ横浜・日本新薬>タイブレークの12回1死満塁、日本新薬・倉本が中前にサヨナラ打を放ちナインと喜ぶのを背にガックリの三菱日立パワーシステムズ横浜の野村(右端)

都市対抗野球第9日・3回戦 三菱日立パワーシステムズ横浜2―3日本新薬

(7月26日 東京ドーム)
 三菱日立パワーシステムズ横浜は0―2の9回2死から35歳の4番・佐々木が左翼席上段に同点2ランを放った。

 延長戦に持ち込んだが、タイブレークの12回1死満塁は2番・滝から攻めて2者凡退。延長では打席が回って来なかった佐々木は「それは仕方ない。(負けて)悔しい」。松下安男監督は「タイブレークは好調な主将・滝からと決めていた。誰も責められない」と悔しさを押し隠した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース