日本新薬 タイブレーク12回、倉本打で制した!

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<三菱日立パワーシステムズ横浜・日本新薬>タイブレークの12回1死満塁、日本新薬・倉本(右から2人目)が中前にサヨナラ打を放ちナインと喜ぶ。手前は投手・野村

都市対抗野球第9日・3回戦 日本新薬3―2三菱日立パワーシステムズ横浜

(7月26日 東京ドーム)
 日本新薬はタイブレークの延長12回1死満塁、倉本がフォークに詰まりながら中前に運んでサヨナラ勝ち。

 10年ぶりの8強入りを決めた一打に「そこまで5打席凡退していたし、何としてもバットに当てて前に飛ばそうと思った。いいところに飛んでくれた」と声を弾ませた。先発した阪神・榎田の弟・宏樹が9回完封目前で同点2ランを被弾。それでもNTT西日本からの補強選手である2番手・吉元が、延長10回から無失点救援で勝利を引き寄せた。

 ▼日本新薬・岩橋良知監督 最後は倉本に任せるだけだった。延長に入って吉元、北崎とNTT西日本からの補強選手バッテリーに代えて、ゼロに抑えてくれたのが勝因。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース