オリックス 首位攻防戦に連敗「またあした全力で戦う」

[ 2014年7月27日 05:30 ]

<ソ・オ>ソフトバンクに連敗し浮かない表情の森脇監督

パ・リーグ オリックス1-3ソフトバンク

(7月26日 ヤフオクD)
 オリックスは最後まで主導権を奪えないまま、首位攻防戦に連敗。

 首位の座をソフトバンクに明け渡したが、森脇監督は「きのう、きょうと終わったこと。またあした全力で戦う」と強気に話した。前夜に続き、打線が得点力を欠いた。バトラーを3番に据え活性化を図ったが、散発4安打。1点しか奪えず、救援陣の奮闘に報いることはできなかった。指揮官は「点が入らないときはこんなもの」とさばさばと振り返ったが、3戦目の勝敗が持つ意味は大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース