向上4強 亀井が7回決勝打&二塁守備でも光った

[ 2014年7月27日 05:30 ]

神奈川大会準々決勝 向上3―2相洋

(7月26日 横浜)
 向上が相洋を3―2で下し4強入りを決めた。1―1の7回無死一塁から亀井が決勝の右越え二塁打を放ち「前の球に泳いだが、切り替えることができた。タイムリーになってうれしかった」。6回1死二、三塁の二塁守備ではゴロを落ち着いてさばき、三塁走者を本塁で刺すなど攻守で貢献した。平田隆康監督は「勝負どころで亀井が打ってくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース