日大鶴ケ丘4年ぶり決勝 大技小技で8回コールド勝ち

[ 2014年7月27日 05:30 ]

西東京大会準決勝 日大鶴ケ丘10―3国学院久我山

(7月26日 神宮)
 日大鶴ケ丘は大技小技で10点を奪い、8回コールドで国学院久我山を退けて4年ぶりの決勝に進んだ。同点の6回無死一、二塁から3連続バントを敢行。西ケ谷は惜しくも失敗したが、続く幾島がバント安打で出塁。国生が勝ち越しスクイズを決めた。萩生田博美監督は「これがウチの野球」と納得顔。7回に足をつりながら右越え3ランも放った国生は「全員でつないでいく気持ちだった。流れに乗れた」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月27日のニュース