ソフトB摂津 3年連続開幕勝利 史上12人目「野手の人に感謝」

[ 2014年3月29日 07:16 ]

<ソ・ロ>2回無死一塁、鈴木の一ゴロで一塁ベースカバーに入る摂津

パ・リーグ ソフトバンク11-5ロッテ

(3月28日 ヤフオクD)
 苦しみながらも、ソフトバンクの摂津が球団史上初、プロ野球史上12人目の3年連続開幕戦白星を飾った。

 「打線が点を取ってくれたので、7回途中まで粘り強く投げられました。野手の人に感謝です」。序盤は硬さが目立った。初回1死二塁で、井口に左翼フェンス直撃の先制適時二塁打を浴びる。味方打線が2点を勝ち越した4回は1死二、三塁から鈴木の2点適時二塁打で同点。7回にも失点し、6回2/3を5安打4失点と納得とは程遠い内容だったが、打線の援護で先発の役割は果たした。秋山監督は「珍しいね。苦労して投げていた。ただ、勝ちがついたし、次は普通に入れると思う」と、あらためて右腕に揺るぎない信頼を口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース