ムネリン クロマティ氏に声掛けられ「びっくりした」

[ 2014年3月29日 12:59 ]

オープン戦 ブルージェイズ5―4メッツ

(3月28日 モントリオール)
 途中出場ながら価値ある2得点でブルージェイズのサヨナラ勝ちに貢献した川崎は「絶対勝ちたかったし、興奮した」と振り返った。

 2―4の7回無死一塁で右前打、同点の9回には先頭打者で左翼へ二塁打を放った。後続の適時打で同点とサヨナラのホームを踏み「きのう悔しい三振をして2分ぐらいしか寝てないんで、それが良かった」と笑った。

 試合前には元プロ野球巨人のクロマティ氏から声を掛けられ「びっくりした。パワーをもらった」。29日のメッツの先発は松坂で、対戦へ向けて「いつでもいける準備はしている」と気合十分だった。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース