銀次 勝負強さ見せ勝ち越し適時打「強く振ることを心掛けた」

[ 2014年3月29日 16:26 ]

<西・楽>5回2死一、三塁、左前に勝ち越し打を放つ銀次

パ・リーグ 楽天―西武

(3月29日 西武D)
 楽天の3番銀次が勝負強さを見せた。初回の1死三塁で遊ゴロが打点となり、同点で迎えた2死一、三塁では左前に勝ち越しの適時打を放った。打席前に星野監督から「(西武・菊池の)甘い球を狙っていけ」との指示に的確に対応「甘い球だけを狙って強く振ることを心掛けた」と結果につなげた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース