渡辺は1回を三者凡退 久々メジャー登板に「どきどきした」

[ 2014年3月29日 07:56 ]

 レッドソックスの渡辺はフロリダ州リーカウンティーで行われたツインズ戦で、4―0の9回に5番手で投げ、1回を無安打無失点だった。勝敗などは付かず、チームは4―0で勝った。

 レッドソックスとマイナー契約の渡辺は、8日以来のオープン戦のマウンドだった。4―0の9回に登場して「どきどきした」というが、打者3人のタイミングを外し、8球で投ゴロ、右飛、二ゴロに打ち取った。

 チームは上原、田沢ら屈指の救援陣を誇り、渡辺の開幕メジャー入りはほぼない。傘下マイナーの3Aに残れるかが焦点となる。試合の終盤で相手がマイナーの打者ながら好結果を残した。「やれることはやった」と納得の様子だった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース