巨人 ロペス&アンダーソン 2者連続弾で共演

[ 2014年3月29日 05:30 ]

<巨・神>6回2死、右越えに本塁打のアンダーソン(右)はナインに迎えられる

セ・リーグ 巨人12-4阪神

(3月28日 東京D)
 巨人のロペスとアンダーソンが6回2死から2者連続本塁打で共演した。

 2年連続で開幕戦アーチを放ったロペスは「いい形で打てた」と笑顔。3回には2死満塁から中越え二塁打を放つなど3安打4打点の活躍だった。一方、キューバ出身の新外国人・アンダーソンは「自分は広角打法が持ち味。本塁打で勘違いしないように気を引き締めたい」と謙虚な姿勢。2回には今季チーム初安打も放ち「スタッフの(能見対策の)準備のおかげ」と感謝した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース