ソフトバンク逆転で開幕連勝 連日2ケタ安打!中田が移籍初勝利

[ 2014年3月29日 15:48 ]

<ソ・ロ>ソフトバンク先発の中田は移籍初勝利を挙げる

パ・リーグ ソフトバンク5-2ロッテ

(3月29日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは、連日の2ケタ安打で投手陣を援護し連勝した。先発の中田は、制球が乱れる場面も見られたが、要所を締め6回を4安打2失点、5三振4四死球で移籍後初勝利を挙げた。

 ゼロ行進で進む試合が動いたのは、4回。2死二塁から長谷川が初球を中前に運び1―0と先制。6回表に1―2と逆転を許すも、裏の攻撃で無死一、二塁の好機から李大浩と長谷川の連続安打で逆転に成功すると、さらに満塁で鶴岡が押し出しの四球で追加点。打者一巡の猛攻で4得点を挙げ、5―2とリードを広げた。

 ロッテは、先発の唐川が5回まで緩急をうまく使い、強気な投球でホークス打線を1失点で抑えて迎えた6回に、井口と角中の適時打で2―1と逆転に成功。ところがその裏に、突如乱れた唐川は逆転を許し、ひとつのアウトを奪えず降板したのが痛かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース