村田 巨人で初の開幕4番 口火打で勝利に貢献

[ 2014年3月29日 05:30 ]

セ・リーグ 巨人12-4阪神

(3月28日 東京D)
 移籍3年目で初の開幕4番に座った巨人・村田は3回に反撃の口火となる中前打の1安打で2四球。

 2得点も記録し「ボールがよく見えている。つないでいけばどこからでも点が取れる」。セレモニーの特別映画で王貞治氏が「巨人の4番は日本の4番」のコメントが流れたことには「僕は(ベンチの)後ろで聞かないようにしていました」と笑わせた。

 ▼巨人・長野(3回2死から反撃の口火を切る中前打)僕は何もしてないです。(失策しながらも4打点の)ロペスは凄いメンタルですね。また頑張ります。

 ▼巨人・阿部(5番で先発し、1安打)勝てて良かった。大事な試合で能見にも勝てて、チームにとっても大きい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース