明徳・馬淵監督 次戦の佐野日大・田嶋攻略に向け「打線の爆発を期待」

[ 2014年3月29日 13:41 ]

第86回選抜高校野球大会第8日 明徳義塾3―2関東第一

(3月29日 甲子園)
 初戦に続きエース岸の好投が光り、10年ぶりのベスト8入りを決めた明徳義塾。しかし、打線は10安打を放ったものの、連打は5回、尾崎の左中間二塁打、真田の左前打の1回だけだった。馬淵監督も打線については「最低でも2巡目からもうちょっと活発にならなければ…」と表情を曇らせ、次戦へ向け「打線が爆発してくれることを期待している」と続けた。

 次の準々決勝の相手はプロ注目左腕・田嶋を擁する佐野日大(栃木)。「もともとうちは打てない打線。(ナンバー1左腕を)打てないと思う」と話しながらも「明徳の野球がやるだけ。気力、体力をぶつけあっていい試合をすれぱいい」と虎視眈々。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース