西武ルーキー豊田 初登板は3者凡退好投「落ち着いて投げられた」

[ 2014年3月29日 19:49 ]

<西・楽>9回から登板し、1イニングを3人で仕留めた豊田

パ・リーグ 西武2―5楽天

(3月29日 西武D)
 西武のドラフト3位ルーキー・豊田がプロ初登板を3者凡退で飾った。9回に4番手でマウンドに上がると、3番・銀次を投ゴロに仕留めた。

 「ずっと対戦したかった。運命を感じた」というジョーンズは遊ゴロ。5番・ユーキリスは127キロの変化球で空振り三振に仕留め、1回を無安打無失点。

 「負けたのは悔しいけど3人で抑えられて良かった。落ち着いて投げられました。まだまだアピールする立場。与えられたところで結果を出したい」と笑顔を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース