白鴎大足利・比嘉 踏ん張れず…思い入れ“沖縄対決”も力不足痛感

[ 2014年3月29日 05:30 ]

<沖縄尚学・白鴎大足利>初回2死一、二塁、沖縄尚学の上原康は右前に同点となる適時打を放つ。投手・比嘉

第86回選抜高校野球大会2回戦 白鴎大足利1―8沖縄尚学

(3月28日 甲子園)
 白鴎大足利(栃木)のエース・比嘉は、6回0/3を6安打3失点と踏ん張れなかった。

 沖縄出身の右腕は「沖縄尚学と試合ができたことは良かったが、負けてしまったので悔しい」とうなだれた。沖縄尚学に進学する選択肢もあったが、甲子園で倒すために栃木に越境入学。自身の力不足を痛感したが「自分たちの分まで頑張って優勝してほしい」とエールを送っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース