智弁・岡本 夏に雪辱誓う 大会No・1スラッガー悔し泣き

[ 2014年3月29日 05:30 ]

<佐野日大・智弁学園>サヨナラ負けを喫し、グラウンドに手を合わせて一礼する岡本(左から2人目)ら智弁学園ナイン

第86回選抜高校野球大会2回戦 智弁学園4―5佐野日大

(3月28日 甲子園)
 智弁学園は2回戦で姿を消し、大会No・1スラッガー、岡本は「いい投手と対戦できたことを生かして夏に向かいたい」と目を真っ赤にして飛躍を誓った。

 注目された田嶋との対戦は4打数1安打。4、6回の好機では低めにボールになるスライダーと、意表を突いた内角直球でともに三振に仕留められた。同点の9回から今大会初めてマウンドに上がった。延長10回、先頭に安打を許すと、四球に野選で無死満塁に。気迫で2者連続三振を奪ったが、最後は直球を左前に運ばれ力尽きた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月29日のニュース