竜打線 ルーキーに沈黙 指揮官「タイミングが合ってなかった」

[ 2014年3月29日 19:50 ]

<中・広>5回攻撃前、厳しい表情で円陣を組む谷繁兼任監督(中央)

セ・リーグ 中日1―6広島

(3月29日 ナゴヤD)
 中日打線は広島のルーキー九里を打ちあぐねた。谷繁監督は「打つ球は間違ってないんだけど、みんなタイミングが合っていなかった」と苦い表情だった。

 効果的にスライダーを駆使する九里に対し、内野ゴロの山を築いた。5回に併殺打に倒れた指揮官は、次の打席で自分に代えて小笠原を代打に送ったが実らず。「(相手投手が)良かった、で済ませちゃ駄目。次にやられないようにしないと」と打線に奮起を求めた。

 チームはこれで2年連続の開幕連敗。初白星が欲しい指揮官は「連敗も連勝も野球の中ではある。1個取りたいですね」と次戦へ気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース