エルドレッド2発で九里援護、目細める野村監督「いい活躍した」

[ 2014年3月29日 20:47 ]

<中・広>2回、エルドレッド(中)は左越え1号ソロを放ち野村監督(左)らに迎えられる

セ・リーグ 広島6―1中日

(3月29日 ナゴヤD)
 広島のエルドレッドが2本塁打を放ち、先発した新人の九里を強力に援護した。

 まずは2回、大野の制球ミスを「自分のスイングで捉えられた」と左翼席にたたき込むと、1―0の6回にも速球を捉えた。足踏みした展開の中での価値ある2ランに「2死から追加点が欲しいところで本塁打が出て良かった」と胸を張った。

 粗削りながら、ここぞの場面で勝負強さを見せる来日3年目の大砲。野村監督も「いい活躍をしてくれた」と目を細めた。

 ▼西原(ドラフト4位新人はプロ初登板を1回無失点)「いつも通り投げられた。どんどん良くなっていくと思います」

 ▼一岡(巨人から移籍後初登板は1回無失点)「プルペンで手が震えていた。九里のいい流れに乗せてもらった」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース