井納6回3失点、粘って今季初勝利「野手の方に感謝」

[ 2014年3月29日 20:45 ]

<ヤ・D>DeNA先発の井納
Photo By スポニチ

セ・リーグ DeNA5―4ヤクルト

(3月29日 神宮)
 DeNAの井納は6回3失点(自責点2)と踏ん張った。1回に先制点を許したが、2~5回は打たせて取る投球が功を奏して無失点。6回に相川に同点2ランを浴びるも直後に味方が勝ち越して白星を手にした。「野手の方に感謝しないといけない」と控えめに喜んだ。

 新人だった昨季は5勝を挙げ、2年目はさらなる飛躍が期待される。好スタートに「切れのある、自分が思っているボールを投げられた」と手応えも口にした。

 ▼DeNA・川村投手コーチ(井納に)「よく投げた。ボール自体の走りも良かった」

 ▼ソーサ(9回のピンチをしのいで今季初セーブ)「チームの勝ちを支えたい。俺が抑えないといけない」

 ▼バルディリス(2回に移籍後初本塁打)「とてもいい感じで振れた」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース