日本ハム 小谷野が決めた!開幕直前に三塁復帰で大仕事

[ 2014年3月29日 05:30 ]

<日・オ>12回1死満塁、サヨナラ適時打を放ちガッツポーズする小谷野

パ・リーグ 日本ハム6-5オリックス

(3月28日 札幌D)
 5―5の延長12回1死満塁から、日本ハムのベテラン小谷野が左前へサヨナラ打。

 1点を追う延長10回にも中越えに同点二塁打を放った12年目のベテランは「自分で決めたことより、チームが勝ったことの気持ち良さが大きい」と振り返った。中田の三塁挑戦で一時はポジションを追われたが、開幕直前で古巣の三塁に戻っての活躍。栗山監督は創価の後輩でもある小谷野に「大変な思いをさせてきたけど本当に良かった」と感謝した。

 ≪25年ぶり4度目≫日本ハムは小谷野の左安打で延長12回サヨナラ勝ち。開幕戦のサヨナラ勝利は昨年のロッテ以来だが、日本ハムでは

年 打者名 イニング 相 手  内 容
62青 野 [11] 大 毎  四 球
80島田誠 [10] 西 武  右 安
89中 島 [9]  ダイエー 左 本
 に次ぎ25年ぶり4度目。延長でのサヨナラ勝利は80年以来3度目だが、延長12回は最長回になった。なお、試合時間は5時間2分。開幕戦で5時間以上の長時間試合はこの日が初めて。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース