明徳義塾の多田に初安打 昨秋、公式戦で・615マーク

[ 2014年3月29日 12:21 ]

第86回選抜高校野球大会第8日 明徳義塾3―2関東第一

(3月29日 甲子園)
 昨秋の公式戦で打率6割1分5厘をマークして注目された明徳義塾の多田に、ようやく初安打が出た。

 1回戦の智弁和歌山戦は7打数無安打。この日も第1打席で中飛に終わったものの、3回2死一、二塁でカーブを捉えて左翼線に落とす適時二塁打を放ち「何とか1本出てチームに貢献できた」と満面の笑みだ。

 1回戦の後の特訓で打撃のタイミングが戻ってきたそうで「次も自信を持って戦える」と気をよくしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース