キヨシDeNA ハラハラ今季初白星!山崎勝ち越し弾

[ 2014年3月29日 17:37 ]

<ヤ・D>7回2死、左越えソロを放ち、ナインに迎えられるDeNA・山崎

セ・リーグ DeNA5―4ヤクルト

(3月29日 神宮)
 DeNAが終盤に得点を重ね、今季初勝利を挙げた。先発の2年目、井納が6回を投げ9安打、3失点(自責2)で今季初勝利。9回に登板のソーサが今季初セーブを挙げた。

 3―3で迎えた7回、DeNAは山崎がヤクルトの3番手・山本哲から左越えにソロ本塁打を放ち勝ち越し。8回にも筒香の右前打を足場に築いた2死二塁で黒羽根の右前適時打で加点した。

 開幕戦では初回に大量失点を許したDeNAだが、この日は粘りを見せた。初回に1点を奪われたものの、2回に四球の筒香を塁に置き、前オリックスのバルディリスが左越えに逆転2ラン。3回には1死一、三塁で筒香の二ゴロ併殺崩れの間に1点を加えた。

 先手はヤクルト。初回、敵失と四球で築いた2死一、二塁で川端が左前適時打。1―3とされた6回には、右前打を川端を塁に置き相川が左越えに同点2ランを放った。3―5で迎えた8回には、3番手・山口を攻め川端の四球と相川の安打に暴投で1死二、三塁とし、ユウイチの右前タイムリーで1点差。さらに盗塁なども絡めて2死満塁としたが、雄平は三振に倒れた。9回にもミレッジの二塁打を足場に2死一、三塁の好機を作ったが、ソーサに封じられた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース