豊川・田中 1失点完投 指揮官選手時代の雪辱果たした

[ 2014年3月29日 05:30 ]

<豊川・池田>池田打線を9回1失点に封じた田中

第86回選抜高校野球大会2回戦 豊川4―1池田

(3月28日 甲子園)
 1失点完投の豊川(愛知)のエース田中は「調子は良くなかったけど、低めに集めて打たせられた」とうなずいた。

 立ち上がりから体重移動が早いと感じ、スライダーを多投。4点を先制した直後の3回には、けん制で2度アウトにして流れを渡さなかった。池田は今井陽監督が中京(現中京大中京)で選手だった83年夏、準々決勝で敗れた相手。殊勲の右腕が「借りを返せて良かった」と言えば、指揮官は「私はそれほど意識していなかったけど、うれしく思う」と目を細めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース