糸井1号は130メートル特大弾、前日は猛打賞 全快モードだ

[ 2014年3月29日 15:57 ]

<日・オ>5回2死、1号ソロ本塁打を放つ糸井

パ・リーグ オリックス―日本ハム

(3月29日 札幌D)
 オリックス糸井に今季1号が生まれた。

 1点をリードした5回2死無走者から、斎藤のカットボールを右翼席上段まで運ぶ推定130メートルの特大弾で「とにかく追加点を取ることができてよかったです」と喜んだ。

 前日の開幕戦では3安打猛打賞。特に9回には、日本ハムの守護神・武田久から同点適時三塁打を放つなど、バットは好調だ。

 キャンプ中盤から右脇腹を痛めて約1カ月戦線離脱していたが、これで全快宣言となりそうだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース