×

花田優一 靴制作一時休止の真意「辞めるわけじゃない」 杉村太蔵「まだ自分を探してる感じなのかな?」

[ 2022年6月26日 11:09 ]

花田優一
Photo By スポニチ

 靴職人でタレントの花田優一(26)が26日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。靴の製作の一時休止を発表した真意を語った。

 「ネットニュースでいろいろまた言われちゃったんですけど、辞めるとは言ってるわけではなくて、靴職人は続けるんですが、お客様の注文を受けて作っていく日々って時間と労力がすごくかかる。なので一度、受注を止めて、勉強したり、研究したりとか人生の土台の基盤を盤石するために新しいビジネスに挑戦したりとかそういう時間に費やそうかなと思っています」と述べた。

 「この業界自体も衰退の一途。結局、ただ単に靴を作り続けていくと、あと数年後には絶滅しちゃう次元だと思う」と危機感を抱いている様子。

 顧客には「経営者の方もいるし、女性や会社員の方とか若い新卒の方いろんな方います」とし、代金は「だいたい20万から。ピンキリなんですけど」と明かした。

 MCの爆笑問題・太田光から「靴職人を辞めるわけではないんだ」と聞かれ、「辞めるわけではないです。ちゃんとオリジナリティを広げていきたい」ときっぱり。歌や絵画にも長けており「本職は靴なんですけど、いろんな刺激がある方が。飽き性なので…」といい、スタジオの杉村太蔵から「まだ自分を探してる感じなのかな?」と聞かれると「そんな中田英寿さんみたいなことを言ってるわけじゃなくて」と苦笑した。

 「マスコミの方のバッドイメージによって、何かやってると靴も作らないで、あれやりやがってってなっちゃうんで。一度休止しますっていうことで自由に、他のことじゃなくて勉強の時間とかを作ろうかなと思って」と。

 今月21日、自身のブログで「自分の人生と向き合い、何を証明すべきなのかと試行錯誤する中で2022年でお客様からのご注文を受け、靴を製作するという日々を一度、休止させていただくことに致しました」と靴の製作を一度休止することを発表していた。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月26日のニュース