×

里見浩太朗 水彩画個展開催「梅雨のうっとうしさを吹き飛ばしてもらえれば」

[ 2022年6月26日 05:30 ]

水彩画の個展を銀座の画廊で開催した里見浩太朗
Photo By スポニチ

 俳優里見浩太朗(85)が花をモチーフに描いた水彩画の個展が25日、東京・銀座の弥栄画廊で始まった。

 2018年12月の水墨画展以来、3年半ぶりの開催となった。夫人の書道の先生が水墨画家でもあり、その影響で始めたのがきっかけ。「今回は絵の具を使って描いてみようと」と水彩画に挑んだ。

 夫人がベランダで育てたアジサイをモチーフに10日をかけて完成させた作品など37点が展示された。「気まぐれな絵ですが、梅雨のうっとうしさをこれらの絵を見て吹き飛ばしてもらえればうれしい」と里見画伯は笑った。29日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月26日のニュース