×

「鎌倉殿の13人」大泉洋 三谷氏にボヤキ“全部大泉のせい”は三谷氏のせい?嫌われ頼朝も絶大な信頼関係

[ 2022年6月26日 21:00 ]

「鎌倉殿の13人」脚本・三谷幸喜氏インタビュー(中)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25話。鎌倉御所・寝殿。嫡男・源頼家と妻・せつ(山谷花純・左)の子・一幡を嫌がる源頼朝(大泉洋)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は26日、第25回が放送され、俳優の大泉洋(49)が硬軟自在に演じ、圧倒的な存在感を示してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が落馬した。物語前半最大のクライマックスの1つ。脚本の三谷幸喜氏(60)に大泉の魅力を聞いた。

 <※以下、ネタバレ有>

 大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 今作の頼朝は上総広常(佐藤浩市)、源義高(市川染五郎)、源義経(菅田将暉)、源範頼(迫田孝也)らを次々と粛清。その冷酷ぶりにSNS上には「#全部大泉のせい」というハッシュタグも出現し、何度もツイッターのトレンドに入る憎まれ役となった。一方、女癖の悪さが幸いし、長狭常伴(黒澤光司)(第7回、2月20日)や曽我十郎(田邊和也)五郎(田中俊介)兄弟(第23回、6月12日)の襲撃を回避し、命拾いする強運も。愛妾・亀(江口のりこ)のいる館が焼かれる「後妻(うわなり)打ち」の際の「ここまでするか?」(第12回、3月27日)、北条義時(小栗)と比奈(堀田真由)を奪い合いになった際の「あっ、そう!(見送りは)無用である!」(第23回)など、幾度となく視聴者の爆笑を誘う演技は大泉の真骨頂となった。

 頼朝というキャラクターについて、三谷氏は「これだけドラマチックな人生を送った歴史上の人物もそうはいないですし、なおかつ決して聖人君子でもない。女好きということも含め、マイナス面も抱えているので、誰が書いても魅力的になる、面白い人だと昔から思っていましたけども、今回、メインの登場人物として描くことができて、本当に脚本家冥利に尽きます」と執筆の喜び。

 今作の頼朝像と大泉の関係については「大泉洋という俳優が源頼朝を演じることになったので、こういう頼朝像が出来上がった。それがすべてだと思います。僕は彼の魅力や力量をよく知っています。彼なら僕が望む頼朝像をきっちりと、もしかしたら、それ以上に演じてくれるという信頼がありました」と説明。全幅の信頼ゆえ、今作の撮影がスタートした後も「彼とは会っていないですし、メールのやり取りもほとんどしていないですね」と明かした。

 昨年大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」は三谷氏がゲスト審査員、大泉が司会。“対面”したとはいえ「彼はステージ上にいたので相当離れていましたし、今のところ、それが最後。でも、彼が僕の意図を分かってくれているというのは、完成した作品を見ていつも感じていましたし、孤独な部分も含めて、これほど人間味のある頼朝を演じられる俳優さんは他にいないんじゃないかと思っています」と絶賛してやまない。

 初回(1月9日)ラスト、頼朝が“女装”をして北条館を脱出したシーンについて、昨年12月のオンライン会見に出席した大泉は「台本を読んだ時、(冒頭は)義時が“姫”と逃げる大変スリリングな展開。『なるほど』と読み進めましたが、最後に『あれ、オレか』と分かった時はビックリしました。『オレなの!?』。普通にビックリしましたね」と驚き。政子(小池栄子)が「姫、いってらっしゃいませ」と声を掛けた際、頼朝が発した「はい」という甲高い裏声については「どういうトーンで言えばいいのか、現場でも考えはしたんですが、どうやら私の決断が間違っていたみたいで…。三谷さんからは『あの“はい”はどうなんだ』『他に言い方があるんじゃないか』と若干の疑問符をつけられたというか」と笑いを誘った。

 演出は連続テレビ小説「あまちゃん」「エール」やコント番組「サラリーマンNEO」などの吉田照幸監督。「非常にコメディーがお得意な吉田さんがOKを出したわけですから。三谷さんが台本に『薄っすら化粧をしている』と書いているわけですから、怒る資格あります?どう考えてもおかしいじゃないですか。言われる筋合いはないと思うんですよね」とボヤいていた。

 その後、大泉にお褒めの言葉は?と三谷氏に尋ねると「本当かどうか分かりませんけど、彼が“自分が日本中に嫌われている”と思っているという話を耳にしたものですから“日本中に嫌われても、僕は君のことが好きだよ”とメールはしました。そうしたら“おまえのせいだ”って返事がありましたけど」と大泉のボヤキを明かしたが、三谷氏との漫才を見るかのようだった。

 今回、義時ら周囲を振り回し続けた頼朝。三谷氏は従来とは一味違う役割を大泉に託し、大泉も期待に応えてドラマ前半を牽引。絶大な信頼関係の下、“最強タッグ”にしか成し得ない、大河史に残るキャラクターを創出した。

 次回第26回(7月3日)は「悲しむ前に」。頼朝を待つ運命は…。

 =インタビュー(下)に続く=

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月26日のニュース