×

【今夜の鎌倉殿の13人】第25話「天が望んだ男」頼朝「死ぬかと思った~」眠れぬ身に何が…北条対比企へ

[ 2022年6月26日 08:00 ]

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25話。源頼朝(大泉洋・中央)は「死ぬかと思った~」(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は26日、第25話が放送される。今夜の注目ポイントを探る。

 <※以下、ネタバレ有>

 稀代の喜劇作家・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第25話は「天が望んだ男」。身に降りかかる不幸が続き、不安にさいなまれる源頼朝(大泉洋)。政子(小池栄子)が心配する中、過剰に助言を求められる阿野全成(新納慎也)は困惑し、実衣(宮澤エマ)と思案する。一方、頼朝の嫡男・源頼家(金子大地)と比企能員(佐藤二朗)の娘・せつ(山谷花純)の間に長男・一幡が誕生。比企の台頭を危惧するりく(宮沢りえ)は夫の北条時政(坂東彌十郎)を焚きつける。そんな時、頼家に呼び出された北条義時(小栗)は三浦義村(山本耕史)から…という展開。

 第24話(6月19日)のラスト。「頼朝はこのところ、熟睡したことがない。天から生かされてきたこの男は、気付いているのである。自分の死が間近に迫っていることを」(語り・長澤まさみ)。次回予告、安達盛長(野添義弘)は「鎌倉殿!」と絶叫した。

 そして、公式サイトの次回予告。「武家の頂点に立った男は今、何を目にし、何を思うのか」のナレーション。頼朝は梶原景時(中村獅童)に「わしに何かあった時には」、義時に「小四郎、わしはようやく分かったぞ」。政子や義時らが囲む中、「死ぬかと思った~」とも。頼朝の身に何が起こるのか。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月26日のニュース