×

「鎌倉殿の13人」餅回避も衝撃ラスト2分 頼朝落馬&佐殿呼び!ネットまさかの涙「あれだけ嫌われて…」

[ 2022年6月26日 20:45 ]

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25話。落馬した源頼朝(大泉洋)に駆け寄る安達盛長(野添義弘・右)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は26日、第25話が放送され、俳優の大泉洋(49)が硬軟自在に演じ、圧倒的な存在感を示してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が落馬した。頼朝の“最期”として有力な説が採用されたが、ラスト約2分にして落馬。SNS上には衝撃が走った。

 <※以下、ネタバレ有>

 稀代の喜劇作家・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第25話は「天が望んだ男」。身に降りかかる不幸が続き、不安にさいなまれる源頼朝(大泉)は阿野全成(新納慎也)に過剰に助言を求めた。一方、頼朝の嫡男・源頼家(金子大地)と比企能員(佐藤二朗)の娘・せつ(山谷花純)の間に長男・一幡が誕生。比企の台頭を危惧するりく(宮沢りえ)は夫・北条時政(坂東彌十郎)を焚きつけ…という展開。

 武蔵の豪族・稲毛重成(村上誠基)が妻に迎えた時政の四女・あき(尾碕真花)が3年前に病死。建久9年(1198年)12月27日、重成が追善の橋を架けた相模川で供養が営まれた。

 頼朝は全成の助言に従って凶兆を避け、縁起を担いで「方違え」をして参列。途中、和田義盛(横田栄司)の別邸に立ち寄り、巴御前(秋元才加)と面会。木曽義仲(青木崇高)討ちを詫びた。

 北条家仏事の恒例行事の丸餅作り。頼朝は喉に餅を詰まらせたものの、吐き出して九死に一生を得た。それは、不器用な北条時連(のちの時房・瀬戸康史)が作ったものだった。命拾いした頼朝は北条義時(小栗)と政子(小池栄子)に「わが源氏は帝をお守りし、武家の棟梁として、この先、百年も二百年も続いていかねばならん。その足掛かりを、頼家がつくる。小四郎、おまえは常に側にいて、頼家を支えてやってくれ。政子、これからは鎌倉殿の母として、頼家を見守ってやってほしい」と託し、自らは「大御所」になると宣言した。

 政子が立ち去ると、義時と2人きり。「小四郎、わしはようやく分かった。人の命は定められたもの。抗ってどうする。甘んじて受け入れようではないか。受け入れた上で、好きに生きる。神仏にすがって、怯えて過ごすのは時の無駄じゃ。神や仏には、聞かせられぬ話だがのう」――。

 頼朝は北条一門の酒宴に加わらず、一足先に鎌倉御所へ。馬上の人となった。林道。安達盛長(野添義弘)が手綱を引く中、頼朝は突然、右手に痺れを覚え、馬から落ちた。

 今作の頼朝は上総広常(佐藤浩市)、源義高(市川染五郎)、源義経(菅田将暉)、源範頼(迫田孝也)らを次々と粛清。その冷酷ぶりにSNS上には「#全部大泉のせい」というハッシュタグも出現し、何度もツイッターのトレンドに入る憎まれ役となった。

 一方、女癖の悪さが幸いし、長狭常伴(黒澤光司)(第7回、2月20日)や曽我十郎(田邊和也)五郎(田中俊介)兄弟(第23回、6月12日)の襲撃を回避し、命拾いする強運も。愛妾・亀(江口のりこ)のいる館が焼かれる「後妻(うわなり)打ち」の際の「ここまでするか?」(第12回、3月27日)、北条義時(小栗)と比奈(堀田真由)を奪い合いになった際の「あっ、そう!(見送りは)無用である!」(第23回)など、幾度となく視聴者の爆笑を誘う演技は大泉の真骨頂となった。

 この日の締めは、頼朝に駆け寄った盛長の「佐殿!」(頼朝の尊称)だった。SNS上には「まさか今日が泣く日とは…」「あれだけ嫌われてた頼朝なのに、涙が」「あれだけ好き勝手やってて、それにわがままで。で、これで泣かせるとか、なんて奴だ」「巨星墜つ…好感度爆上げなくても、やっぱり涙を禁じ得ない」「やっぱり私は鎌倉殿嫌いになれない。たくさんの人が悲しい思いをしたけど、洋ちゃんの鎌倉殿好きだったよ」「藤九郎の佐殿呼びで涙腺崩壊した…。最初から最期まで一緒だった藤九郎…」「頼朝と安達殿、たぶん伊豆に流された時のように2人で連れ立ち、えー昔のこと思い出そうとしても思い出せないよねー、フフフーと笑い合ってて、ああ、この主従は本当に主従だなぁとシミジミしていたら…佐殿!と叫ぶ声にああ、この主従は…本当に2人きりなんだ…!とグッときた」などの声が続出。ヒール役の頼朝だったが、視聴者の涙を誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月26日のニュース