×

「鎌倉殿の13人」頼朝落馬!三谷幸喜氏が込めた思い「厳かな1日」40年来の夢実現「これが見たかった」

[ 2022年6月26日 21:00 ]

「鎌倉殿の13人」脚本・三谷幸喜氏インタビュー(上)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第25話。落馬した源頼朝(大泉洋)に駆け寄る安達盛長(野添義弘・右)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は26日、第25回が放送され、俳優の大泉洋(49)が硬軟自在に演じ、圧倒的な存在感を示してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が落馬した。物語前半最大のクライマックスの1つ。脚本の三谷幸喜氏(60)に作劇に込めた思いを聞いた。

 <※以下、ネタバレ有>

 大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第25回は「天が望んだ男」。身に降りかかる不幸が続き、不安にさいなまれる源頼朝(大泉)は阿野全成(新納慎也)に過剰に助言を求めた。一方、頼朝の嫡男・源頼家(金子大地)と比企能員(佐藤二朗)の娘・せつ(山谷花純)の間に長男・一幡が誕生。比企の台頭を危惧するりく(宮沢りえ)は夫・北条時政(坂東彌十郎)を焚きつけ…という展開。

 武蔵の豪族・稲毛重成(村上誠基)が妻に迎えた時政の四女・あき(尾碕真花)が3年前に病死。1198年(建久9年)12月27日、重成が追善の橋を架けた相模川で供養が営まれた。

 頼朝は全成の助言に従って凶兆を避け、縁起を担いで「方違え」をして参列。途中、和田義盛(横田栄司)の別邸に立ち寄り、巴御前(秋元才加)と面会。木曽義仲(青木崇高)討ちを詫びた。

 参列後、喉に餅を詰まらせたものの、命拾いした頼朝は北条義時(小栗)と政子(小池栄子)に「わが源氏は帝をお守りし、武家の棟梁として、この先、百年も二百年も続いていかねばならん。その足掛かりを、頼家がつくる。小四郎、おまえは常に側にいて、頼家を支えてやってくれ。政子、これからは鎌倉殿の母として、頼家を見守ってやってほしい」と託し、自らは「大御所」になると宣言した。

 政子が立ち去ると、義時と2人きり。「小四郎、わしはようやく分かった。人の命は定められたもの。抗ってどうする。甘んじて受け入れようではないか。受け入れた上で、好きに生きる。神仏にすがって、怯えて過ごすのは時の無駄じゃ。神や仏には、聞かせられぬ話だがのう」――。

 頼朝は北条一門の酒宴に加わらず、一足先に鎌倉御所へ。馬上の人となった。林道。安達盛長(野添義弘)が手綱を引く中、頼朝は突然、右手に痺れを覚え、馬から落ちた。

 政子、頼家、義盛、三浦義村(山本耕史)、大江広元(栗原英雄)、梶原景時(中村獅童)、能員、りくに虫の知らせ。義時はお墓に手を合わせている。

 盛長は仰向けに倒れた頼朝に駆け寄る。「佐殿!」――。

 落馬説が有力ながら、謎に包まれている頼朝の最期。三谷氏は「これだけ長い時間、僕も頼朝に寄り添ってきたので、彼なりのつらさや孤独は十分感じています。だから、ちゃんと死なせてあげたかった。誰かに殺されるとなると、そこには殺す側のドラマが生まれてくる。あくまでも頼朝側のドラマとして完結させてあげたいという思いがありました。そうやって色々と考えていくうちに、静かに死なせてあげたいな、と。この回は、これまで積み重ねてきた24回に比べると、僕としては凄く静かな回。厳かな1日というイメージで書きました。結局、彼の人生は何だったのか。彼ほど寂しい男はいなかったんじゃないか。彼の最期の1日を丁寧に描くことで、その答えが浮かび上がってくるように心掛けたつもりです」。平家や敵はおろか、兄弟や重臣を次々に粛清、不信の極みに陥った頼朝の“最期”を静謐に紡いだ。

 頼朝が落馬した時、義時たちの表情を次々に捉えたのは“大河ファン”三谷氏の40年越しの“念願”だった。

 高校生の時、熱狂した大河ドラマ「草燃える」(1979年)。「当時は登場人物それぞれに感情移入して、肩入れして見ていたので、頼朝が落馬した時、他の人たちは何をしていたんだろう、と。それが見たかったんですよね。もちろん『草燃える』の描き方も素晴らしくて、いまだに印象に残るシーンなんですけども、今回はその時の思いを脚本にしてみました。当時はまさか自分が脚本家になるなんて思ってもいなかったですし、よもや自分が大河ドラマで同じ時代を書くなんて想像もしていませんでした」という奇縁。

 「もっとパンパンパンと一瞬一瞬で義時たちの顔が浮かんでいくイメージでしたが、(チーフ)演出の吉田(照幸)監督が僕の思いをより強調してくださって、1人1人にじっくりと時間をかけて頼朝が落馬した瞬間のそれぞれの生活を描いてくださいました。“ああ、これが40年前に僕が見たかったシーン”なんだと。吉田監督にはとても感謝しています」と夢が叶い、感慨深げに語った。

 この回の締めくくりは、盛長の「佐殿!」。1つ前の盛長の台詞は「鎌倉殿!」だったが、最後は初回(1月9日)からの尊称だった。「佐殿」は平治の乱(1159年、平治元年)で頼朝が右兵衛権佐(うひょうえのごんのすけ)という官位に就いたことに由来する。

 三谷氏は「伊豆の頃を思い出して、盛長が頼朝の馬を引いて(頼朝の流刑地)蛭ヶ小島の辺りを散歩するシーンを盛り込めなかったのが心残りなんですけれども、やっぱり盛長にとっては生涯、頼朝は佐殿。野添さんも本当に素敵な俳優さん。この回の最後はどうしても、盛長の、あの呼び方で終わりたかったですね」。罪人生活を送る頼朝を少年時代から支え続けた盛長に思いを託した。

 次回第26回(7月3日)は「悲しむ前に」。頼朝を待つ運命は…。

 =インタビュー(中)に続く=

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年6月26日のニュース