藤井聡太2冠、行方九段下し叡王戦8強 タイトル挑戦まであと3勝

[ 2021年5月18日 05:30 ]

行方尚史九段(右)と対戦する藤井聡太2冠(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太2冠(18)=王位、棋聖=は17日、都内で行われた叡王戦本戦1回戦で行方尚史九段(47)を下し、ベスト8に進出した。同棋戦の挑戦者決定トーナメントに相当する本戦で過去2戦2敗。前期は段位別予選の七段戦で初戦敗退と比較的苦手にしていたが、本戦は3戦目にして初勝利となり、豊島将之叡王(31)=竜王との2冠=へのタイトル挑戦(5番勝負=7月下旬開幕予定)まで3勝と迫った。

 次戦の準々決勝では18日に行われる永瀬拓矢王座(28)―佐々木勇気七段(26)戦の勝者と対戦する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース