吉川ひなの お騒がせタレントから一転…夫との出会いですべてが変化「この人に褒められたい」

[ 2021年5月18日 11:52 ]

吉川ひなの
Photo By スポニチ

 モデルの吉川ひなの(41)が18日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。2011年に再婚した夫との出会いでの心境の変化について語った。

 自身の半生を赤裸々につづった著書「わたしが幸せになるまで」(幻冬舎)が5万5000部を超える反響を呼んでいる吉川が番組の独占インタビューに応じた。

 中学1年生の時にスカウトされたことをきっかけに芸能界デビュー。90年代はテレビ、雑誌、映画など幅広いジャンルで大活躍。そんな中、人気絶頂の19歳で突然結婚したものの、わずか7カ月で離婚し、「ままごと婚」と言われるなどお騒がせタレントのイメージもあった。

 人気絶頂の中でも、仕事への違和感を感じ、両親からの金の無心が続き、仕事をドタキャンしたことも。20代前半は酒に逃げていた。そんな中で、現在の夫と出会った。

 吉川は夫について「あっけらかんとしたポジティブな人」だといい、「他の誰もが何となく腫れものに触る感じがあった中で、彼だけはそうじゃなかった」と出会いを回顧。「『こんな私にまっすぐにそんなことを言ってくるの?この人』って(思って)。ずっとそうされているうちに『この人に褒められたいな』ってすごく思うようになって、『どうしたら褒められるんだろう』『私、何ができるんだろう』って考えた時に、『最小限しかやらない』『できる限り入れないで』って事務所に言ってる仕事を『もっともっとやってみよう!』って思い始めて」と出会いがきっかけで仕事にも積極的に打ち込むようになったという。

 その夫とは2011年に再婚。翌12年には長女が誕生。2015年には家族でハワイへ移住した。

 「彼に褒められること。彼が見ていてくれること。彼が『それでいいんだよ』って言ってくれること。それだけでいいんだ、大丈夫だって(思えた)」と吉川。「なんでも分かりやすく『今これして欲しい』とか、『今、私こう思っている』とか、『今どう?』っていうことを常にきちんど言葉にして言い合うってことを大事にしていて、そうすると本当に楽ちんで…」と笑顔を見せた。

 吉川は18年に長男を出産。現在、第3子を妊娠している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース