不倫“未遂”騒動の有村昆 降板ラジオに再び謝罪文「最低で愚かな行動」局との14年間の“縁”も裏切り

[ 2021年5月18日 16:08 ]

映画コメンテーターの有村昆
Photo By スポニチ

 女性をラブホテルに連れ込んだ不倫“未遂”騒動により活動自粛を発表した映画コメンテーターの有村昆(44)が火曜パーソナリティーを降板した千葉・bayfm「The BAY☆LINE」(月~金曜後4・00)が18日に放送され、冒頭、有村の謝罪の手紙が代読された。16日に放送されたTBSラジオ「地方創生プログラムONE―J」(日曜前8・00)に続く降板ラジオへの謝罪文となった。

 月・水曜に街角リポートを務めるタレントの島村幸男(57)が応援に駆け付け、代読。有村は「『The BAY☆LINE』をお聴きの皆さん、及び番組関係者の皆さま、この度は私の身勝手で不見識な行動で大変お騒がせし、誠に申し訳ございません。先日発売の一部週刊誌で報じられました内容は事実でございます。記事をご覧になりました方には大変不快な思いをさせてしまいまして、誠に申し訳ございません。番組リスナーの皆さま、スポンサーの皆さま、番組関係者の皆さま、岡田ロビン翔子さん、関係するすべての皆さまの信頼を大きく裏切り、本当に本当に申し訳ございません」と謝罪。

 「bayfmとは僕が29歳の時にご縁を頂いて以来、これまで14年間という時間を一緒に過ごして参りました。僕にとっては皆さまとの毎週火曜日は日常であり、生活であり、体の一部。『The BAY☆LINE』はとても大切な番組でした。しかし、その大切な皆さまのことを忘れ、最低で愚かな行動をしたことを今さらながら悔やみ、深く反省しています。またコロナ禍の中、感染経験者として十分注意する立場にありながら、自覚のない行動をしました。非難されて当然です。皆さまの怒りの気持ちや落胆の言葉が聞こえます。今回、事務所に申し出をし、相談した結果、すべての芸能活動を自粛させていただくことになりました。改めて申し訳ございませんでした。有村昆」と結んだ。

 今月14日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)が報道。有村は緊急事態宣言下の4月下旬にセクシー美女とラブホテルで密会した。

 bayfmは同日、公式ツイッターで「『The BAY☆LINE』火曜日に出演の有村昆さんにつきまして、週刊誌の報道を受け所属事務所より活動の自粛の申し出がありました。当社として検討の結果、当番組からの降板を決定いたしました。『The BAY☆LINE』火曜日を楽しみにしていただいている皆様にお詫び申し上げます」と報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース