ラランド・ニシダ「勝手に…」親が支払う月15万円スマホ料金 高額理由に相方サーヤ「気持ち悪い」

[ 2021年5月18日 08:54 ]

ラランドのニシダ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ・ラランドのニシダ(26)が16日放送のテレビ朝日「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!」(日曜後9・55)にVTR出演。MCが思わず「もういやや」と嘆いたほどの、親のすねかじりエピソードが明かされた。

 かつて同番組に出演した際、「別に親に認められようが認められなかろうが芸人をやっている。認めていただなくてもいいんで」と語るなど、親への依存を感じさせない強気な態度をとっていたニシダ。

 この言動に視聴者が反応。相方のサーヤによると、ネット上では、ニシダを“かっこいい”“親にとらわれない生き方が逆に今っぽい”などと好意的に捉える声が目立ってきてるそうだが、サーヤは「めちゃくちゃ(親に)依存している。スマホ料金も請求書が実家に届くようになっていたりだとか」と暴露した。

 このサーヤの“告発”に、ニシダは「間違いはないですね」とあっさり肯定。金額については「(毎月)10万円くらい、15万くらいですかね」とここでもサラリと答え、サーヤが「なんで?」と驚く中、「マッチングアプリ。全部有料会員になってるからさ。で、親のとこに」と悪びれることなく説明した。

 サーヤから「気持ちわりぃ」と嫌悪感を示されたが、「俺が『払って』って頼んだわけじゃないですから。払ってる勝手に。払っちゃてるだけんですよ」と淡々。2人のやりとりをVTRで見ていたMCの霜降り明星・せいやからも「もうイヤや」との言葉がもれていた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース