濱口優 「めっちゃ怖かった」井筒監督に「もう仕事せん」と言われた過去 

[ 2021年5月18日 15:22 ]

「よゐこ」の濱口優
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優(49)が17日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00、土曜深夜0・00)に出演。映画監督の映画監督の井筒和幸氏(68)と共演した際の出来事について語った。

 この日は、番組スタッフのカンペで無茶ぶりをされたことはあるかというテーマでトークを展開する中、濱口は、井筒監督が映画を酷評する深夜番組に出演した際のエピソードを披露。監督は生放送で「何やこの映画、ぜんぜんおもんない」と酷評し、それに対して濱口が「『何でその映画ダメなんですか。僕は好きですよ』って噛みつかんとあかんポジションにいた」という。

 「濱口行け」とカンペが出た際に「僕見たけど、面白かったですけどね」とコメントしたところ、監督から「そんな言うやつと俺はもう仕事せん」と言われてしまったのだとか。しかし、また「濱口めげるな」とカンペが出たため「僕は(仕事)したいですよ」。当時を振り返り「最悪やった。めっちゃ怖かったもん」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース