丸山桂里奈 夫・本並健治氏との家事分担告白「洗濯はやりたくない…押したくない、あのスイッチだけは」

[ 2021年5月18日 15:27 ]

元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバーでタレントの丸山桂里奈(38)が17日深夜放送のTOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1・00)に出演。夫で、元サッカー日本代表で夫の本並健治氏(56)との家庭での家事分担について明かした。

 夫との家事分担などについて聞かれ、「(分担は)ありますあります。話し合って行うっていうか、自然となるかもしれないです」と丸山。「料理は私ですけど、洗濯とか家事(全般)は本並さんがやる」と明かし、「洗濯は私は本当にやりたくないから。ほとんどスイッチ押したことないですね。独身の時は自分しかいないから、何とかためながらもやってましたけど、押したくない、あのスイッチだけは」と続けた。

 芦田氏に夫との間に「配慮や遠慮」はあるのかとの問いには「ないかも。(素のまま?)そうかも」と返答。「そこで気を遣って、遠慮して、結婚してるわけじゃないですか。彼氏とか彼女だったらあるかもだけど、結婚してたらずっと一緒にいるから、そこで遠慮しても後々見えるかなと思って。最初に全部、言うわけじゃないけど、あまりそういうのないかも。洗濯できない。ただ、料理はちゃんと作りますよ』って(事前に言う」とした。

 「本並さんって結構綺麗好きなんですよ。ハウスダストとか、猫アレルギー、犬アレルギーだったり、あれだけ外でサッカーやってたけど、日光アレルギーなんですよ。だから、長袖よく着てて」と夫に関する意外な事実を告白。「いろいろそうなんだなと思うと、いろいろ気を付けてあげたほうがいいかなとか、そういうことは確かにありますけど」としつつも「自分が相手に好きって思ってもらいたいからっていうのはないかもしれない。そのままだと思います。本当にこのままで、家に帰ってやってることもこのままだと思います」と素の状態で夫とは接していることを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース