“育ての親”沢田隆治さん訃報から一夜 文枝がブログで追悼「一時代をつくられた」

[ 2021年5月18日 05:30 ]

沢田隆治氏
Photo By スポニチ

 「新婚さんいらっしゃい!」などのテレビ番組を手掛けたプロデューサーの沢田隆治(さわだ・たかはる)さんが88歳で亡くなってから一夜明けた17日、同番組のMCを務める落語家、桂文枝(77)が「テレビで一時代をつくられた」などとブログで追悼した。

 タレントの西川きよし(74)も所属事務所を通じてコメント。若い頃を思い起こし「“早く顔の出せる芸人になりや”と一言おっしゃっていただいた。その言葉がこれまでの芸能生活を支えております」とつづった。

 沢田さんは数々のヒット番組を手掛け、80年代の漫才ブームの仕掛け人としても知られた。16日午前11時30分、都内の病院で死去。葬儀は近親者のみで行われ、喪主は次男啓介(けいすけ)さん。心筋梗塞で入院していた。お別れの会は予定していない。関係者によると3月中旬、自宅でめまいに襲われ自ら呼んだ救急車で搬送された。糖尿病も患っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース