新型コロナ感染の元スパガ宮崎理奈 療養終了&復帰を報告「公表することもすごく不安でしたが」

[ 2021年5月18日 14:30 ]

宮崎理奈
Photo By スポニチ

 今月9日に新型コロナウイルス感染が確認され、自宅療養していたアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の元メンバーで女優の宮崎理奈(27)が18日、自身のツイッターを更新。療養期間を終え、仕事復帰したことを報告した。

 「医療従事者、保健所の皆様の指導のもと、自宅療養を終えて、今日から復帰です。医療従事者の皆様、保健所の皆様、心からの感謝を申し上げます!お仕事関係者の皆様、大変ご迷惑をおかけしました。そして温かいお言葉を送って下さった皆様、本当にありがとうございました。お陰様で元気です。公表することもすごく不安でしたが、療養期間中にもご迷惑をおかけしたことには違いないですし、嘘はつかずにお知らせしました。精神的にも体力的にも辛いものはありましたが、本当に皆様のコメントや、いつでも食べ物届けに行くよと言ってくれる友達からの連絡に元気もらえました!感謝です!」

 8日に37度の微熱、喉に違和感を感じ、医療機関を受診したところ、扁桃炎の診断。受診の際には平熱に下がっていたが、念のため、PCR検査を受けたところ、9日午後に感染が確認された。

 宮崎は2010年に結成された「SUPER☆GiRLS」の1期メンバー。11年から女優としても活動を始めた。19年1月にグループを卒業。舞台を中心に活躍し、舞台のプロデュースも手掛けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース