手越祐也が人生初の始球式でワンバウンド投球「大切な思い出ができました」 NEWSのメンバーと連絡は?

[ 2021年5月18日 19:05 ]

<D・中10>始球式を行う手越祐也(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 元NEWSのメンバーでタレントの手越祐也(33)が、「J:COMスペシャルナイター」のゲストとしてDeNA―中日戦(横浜)で始球式を行った。

 地元・横浜出身の手越は背番号「1054」のユニホーム姿で登場。投球は捕手の手前でワンバウンドしたが「低めに投げる目標は達成できた。暴投はしたくなかった。ツーシームを投げようと。大切な思い出ができました」と笑顔で振り返った。

 芸能界きってのサッカー好きとして知られ、始球式は人生で初めて。「出る前からすごくワクワクしていた。神聖な雰囲気があった」。自身は昨年6月にジャニーズ事務所を退所。NEWSのメンバーに始球式のことを報告したか問われると「疎遠になっているわけではない」とした上で、「(当時の出来事で)傷を負ってしまった人、(傷が)癒えていないのも事実。良きタイミングを見ていい関係に戻れれば。(NEWSのメンバーと)切磋琢磨(せっさたくま)しながらやっていきたい」と話した。

 現在はコロナ禍のため大規模なコンサートは行えない。今後、音楽活動を本格化させるという手越は「(横浜スタジアムで)ぜひ(コンサートを)やりたい。僕は音楽が一番大好き。この場所でマウンドにステージを作って、スタンドのファンも人数制限のないライブができたら」と夢を明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月18日のニュース