三浦春馬さん出演映画「コンフィデンスマンJP」フジ地上波初放送 冒頭テロップで追悼「心からご冥福」

[ 2020年7月18日 21:00 ]

俳優の三浦春馬さん
Photo By スポニチ

 18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演した映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」(2019年5月公開)が同日午後9時からフジテレビで地上波初放送され、同局は番組冒頭、テロップを映し出し、三浦さんを追悼した。

 「三浦春馬さんが本日お亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げますと共に、心からご冥福をお祈りいたします」。白バックに黒文字で約5秒間、表示された。

 女優の長澤まさみ(33)が主演を務め、コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子を演じた18年4月期のフジ“月9”ドラマ。三浦さんはこの夜オンエアされた第1弾、今月23日公開の第2弾「コンフィデンスマンJP プリンセス編」と劇場版映画2作に出演。天才恋愛詐欺師・ジェシーを好演した。

 三浦さんの訃報を受け、この日夕から生配信される予定だったYouTube特別番組「コンフィデンスマンJP プリンセス編『27時間ぐらいテレビ』」は急きょ中止になった。

 捜査関係者によると、三浦さんは仕事に来なかったため、18日午後0時半ごろ、スタッフが東京・港区の自宅を訪問。クローゼットで首を吊っているのを発見した。搬送された病院で死亡が確認された。室内には遺書のようなメモがあった。芸能関係者によると前日17日も変わりなく元気に仕事をしていたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース