杉村太蔵 木下優樹菜さんは引退会見すべき 今田耕司は「注目度が高いだけ」

[ 2020年7月18日 13:10 ]

杉村太蔵(左)と今田耕司
Photo By スポニチ

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が18日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。引退を発表した木下優樹菜さん(32)について引退会見を勧めた。

 昨年10月の“タピオカ騒動”を受け、同11月から活動を自粛していた木下さんは今月1日、芸能活動再開を発表。そのわずか5日後、6日に一転して、芸能界引退を発表した。

 番組の収録は木下さんが引退発表からわずか1時間後。この日は木下さんの元夫・「FUJIWARA」藤本敏史(49)がゲスト出演だったこともあり、番組冒頭から特集。藤本は引退の第1の要因として子どもへの影響を挙げ、「復帰発表前から週刊誌の記者の方の取材がちょっと…。(復帰)発表してから(週刊誌の取材は)もっと過激になった。また直撃されて、(子どもたちに)不安な思い、怖い思いさせるのが心が痛くて。優樹菜さんがこのまま芸能界を続けていくと、またそういうことが起こるんじゃないかというのが一番」と説明した。

 杉村は自身が木下さんの立場だったらと前置きしたうえで「引退会見ですね。きっちり説明をして、きょうしっかりお話しますから、以後はプライバシーに関してはしっかり配慮してくださいと。いつまでもいつまでも(話さないと記者に追いかけられる)。優樹菜さんがしゃべらなければしゃべらないほど、ニュースバリューがどんどん高くなっていく」と引退会見をするべきだと指摘した。

 これに、番組MCのお笑いタレントの今田耕司(54)は「(今は)注目度が高いだけ。優樹菜ちゃん的にはそこを超えていけば、段々と(世間は)忘れていって、そっとしておいてくれる時期が来るんで、黙っておくこともそんな悪いことではないと思う。すぐに鎮静化したかったら、会見はしたほうがええかもわかんないけど」と反論した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース