昇太は「今や立派な王子様」小遊三が明かす素顔「周りを明るくしてくれる太陽」

[ 2020年7月18日 17:54 ]

春風亭昇太
Photo By スポニチ

 落語家の春風亭昇太(60)が18日、NHK「土曜スタジオパーク」(土曜後1・50)に出演。昇太の人柄について、三遊亭小遊三(73)が語る場面があった。

 昇太の素顔を「自分でおもしろいものを見つけて、楽しむという人。いつも周りを明るくしてくれる、太陽ですよ」と説明しつつ、「太陽といっても、小さな太陽」と冗談交じりに話した小遊三。

 昇太が昨年結婚したことについて「今や、あんな立派な王子様になっちゃって」としつつ、「結婚するとは思わなかった…気がつかなかったね、やられました」と明かした。独身時代の昇太からは「ギャラの半分はカミさんに持っていかれるんでしょう」と言われ、「冗談言うなお前、半分じゃねえよ、全部だよ」と言い返したことがあったそう。

 当時は「(自分はお金の使い道を)誰にも文句言われない」と自慢げだった昇太のゴールインに「あたしら(妻帯者)と同じ生活になっちゃって、ざまあみろ!」と笑いながら宣言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月18日のニュース